睡眠時のいびき・無呼吸状態を把握できるアプリ

ナステントのandroidアプリ「nastent app」

nastent app

いびきや無呼吸症状は、本人が眠っているときの出来事ですから、
それを「問題」として認識していない人も多いと思います。

 

自分が出しているいびきの音や、無呼吸の状態が
どの程度のものなのかを本人が自覚するには、

 

本人、もしくは家族などの周囲の身近な人が、
いびきや無呼吸の症状を出している人の睡眠時の状況を
記録して、本人に確認させるほかありません。

 

スポンサードリンク

 

いびき・無呼吸状態を記録して、睡眠時の状態を管理するアプリが、
いくつかリリースされています。

 

ナステントの開発・販売元のセブンドリーマーズラボラトリーズ株式会社からも、
アンドロイド用アプリ「nastent app」が出ています(androidのみ)。

 

Google Play 「nastent.app」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sevendreamers.nastent&hl=ja

 

スマートフォンを使って毎日のいびきや無呼吸症状などの睡眠状態を記録し、
日々の健康管理に役立てる為のものなんですが、
いびきの検出や録音記録などの機能があるみたいなんですが、
アプリのユーザーレビューは、今のところあまり芳しいものではなさそうですね。
今後のアップデートなど、機能改善がのぞまれるところです。

いびきや無呼吸などの睡眠状態を管理する無料の人気アプリ

いびきラボ - いびき対策アプリ (SnoreLab)

SnoreLab

開発:はReviva Softworks Ltd。
自分のいびきを録音記録し自覚できるアプリ。
無料。android/iphone。

 

いびきの原因を特定する為に、アルコール摂取や
鼻づまりなどの要因を登録しながら記録を続けていくことで、
自分のいびきの原因を探ることが出来ます。

 

Google Play 「SnoreLab」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.snorelab.app&hl=ja
Apple iTunes 「SnoreLab」
https://itunes.apple.com/jp/app/ibikirabo-ibiki-dui-ceapuri/id529443604?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

いびき解消アプリDaddy GAGA(ダディーガガ)

Daddy GAGA

いびきに反応して、バイブやアラームで抑制してくれるタイプのいびき解消アプリ。

 

枕元にセットしておくことで、いびきに反応して
バイブやアラームであなたのいびきを制御してくれます。
いびきの録音も可能。
無料での体験は、メールアドレスの登録が必要です。
メールアドレスの登録後より1週間利用可能。

 

Google Play 「Daddy GAGA」
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fineworks.android.gaga&hl=ja
Apple iTunes 「Daddy GAGA」
https://itunes.apple.com/jp/app/ibiki-jie-xiaoapuridaddy-gaga/id1024339823?mt=8

いびきの改善には、本人の自覚が不可欠

特に男性に多いと思うのですが、いびきをかいている人には、
自分がいびきをかいているということに対する問題意識が薄いと思います。

スポンサードリンク

女性の場合、旅行などで家族以外の人と同室で就寝すると、
いびきを恥ずかしいと感じる人も多く、自分が睡眠中にいびきをかくという自覚・問題意識が芽生えやすいのですが、
男性の場合、いびきをかくこと自体に恥ずかしさをあまり感じないためなのか、
そのいびきの音が、周囲で寝ている人の妨げになっている事実を告げられても、
それを問題として自覚するまでのハードルが高いように思います。

 

睡眠時に無呼吸症状がある人の場合、日中に耐えがたい眠さや体のだるさ、
疲れやすく、集中力が持続できないなどの体の不調が感じられてくるので、
睡眠の質の向上に対する問題意識を比較的持ちやすいのですが、
いびきだけに限っていえば、本人よりもむしろ家族など周囲の身近な人のほうが、
深刻な「騒音公害」に悩まされることになります。

 

いびきの害は、本人はもとより家族の睡眠まで質を落としてしまうため、
上記のようなアプリやICレコーダーなどを活用して、本人にいびきの深刻さと
周囲が受けているいびきの音による被害状況を自覚してもらうことが、
いびき問題の改善の第一歩になると思います。

スポンサードリンク