仰向け就寝時の鼻呼吸を助け、いびきを抑えます。

うちの夫は仰向けに就寝し、わりあいそのままの状態で朝まで寝る人で、
良く言えば寝相はいい方なんですが、そのせいでイビキをかきます。

 

たまに横向けに寝るといびきは出ませんので、
横向けに眠ってくれれば何の問題もないので、
今まで夫のイビキがひどいときは、夜中に何度も
夫の体を無理やり横向けにするのですが、
就寝時の無意識のときですから、すぐ仰向けの状態に戻ります。

スポンサードリンク

夫が使ってみて感じたナステントの効果

ナステントは、夫のように仰向けに眠る習慣の人のイビキには効果的かなと思います。

 

ナステントを使うまでは、夫は寝ている途中で鼻での呼吸が苦しくなるのか、
口を開いた状態で眠ることも多くなり、その結果口呼吸も多かったと思いますし、
時々、数秒間呼吸が止まるということもありました。

 

それがナステントで気道が確保されるので、鼻呼吸を助ける効果があるようです。
ナステントの使用で鼻での呼吸が楽になったのか、
口を開かないで朝まで眠るようになり、そのせいもあって口呼吸が減ったと思いますし、
同時にイビキがほぼ気にならないくらい、軽減されました。

 

装着してあるナステントは、ノーズクリップで固定されている為、
多少鼻をこすったり、寝返りしたとしてもはずれることがないので、その点もいいと思います。
それに、夫が言っていましたが、
「ナステントは装着していても会話することができるし、飲み物も飲める」というところがいい、とのこと。
たしかにCPAPなどは、つけていたら身動きできないでしょうし、
まして話したり飲み物を飲んだりすることってできないですからね。

スポンサードリンク

隣で寝ている私にとっては、夫のいびきは耐え難いものでしたが、
おそらくイビキの症状全体からしたら、ひどいものではなかったのかもしれません。
でも、毎晩イビキの騒音で眠りを妨げられるのでは、正直たまったものではありませんでした。

 

本格的に睡眠時無呼吸症候群の症状がひどい人などに、
どれくらいの効果が見込めるのかわからないですが、
うちの夫のイビキに関しては、ナステントは効果があったと思いますし、
少なくとも私も、夫のイビキの音を気にせず無事眠れています。

風邪気味のときは無理かも

ただ、体調が普段とかわらない、健康なときのナステント使用は問題ないのですが、
強いて言うと、風邪気味で鼻水が多いときはナステントを使うのを一時中断しました。
くしゃみと鼻水の症状をともなう風邪だったこともあって、
夫も「とても鼻の穴にナステントを挿入する気になれなかった」とのことでした。

 

夫は鼻風邪の症状がひどいとき、ナステントを使えなかったんですが、
花粉症症状がひどくて鼻に何かを挿入するのがはばかられるという人が、
ナステントの効果を得るのは難しいかもしれないなと思いました。